「聖アンセルモ聖堂」が東京都選定歴史的建造物に選ばれました

目黒駅西口から徒歩3分、ドレメ通り沿いに位置する

カトリック目黒教会の「聖アンセルモ聖堂」が、

このたび、

東京都選定歴史的建造物

に認定されました。

東京都選定歴史的建造物とは

歴史的な価値を有する建造物のうち、景観上重要なものとして、東京都景観条例に基づき、知事が選定したもの。

2017年4月現在、89件が選定されています。

カトリック目黒教会 聖アンセルモ聖堂とは

日本固有の造形に深い関心を持ち、「日本現代建築の父」とも言われている

アントニン・レーモンド氏による設計で、

1956年に建築された教会聖堂。

縦15メートル、横30メートル、高さ15メートルという

デザイン上最も美しい比率と言われているモジュールをもとに

壁と天井を折板構造にして、側壁のスリットからは太陽の光が入るという、

ダイナミックでありながら静寂もあわせもつ、

日本の伝統とモダニズムを融合させた建築物です。

側壁のスリットからは、東に向けて光線が入り込む

また、建設当時、アメリカの最新鉄筋コンクリート技術をもとに、

日本の優れた資材と日本人職人の技を組み合わせて作られました。。

その技術力は現在も称賛されており、まさに日本と世界の心をつなぐ

象徴であると評価されています。

聖堂の中には自由に入れるの?

教会というと、カトリック信徒以外は、

なかなか中へは入りにくいと感じてしまいますが……

カトリック目黒教会は、

毎日朝8時から夜の9時まで、

どなたでも自由に出入り可能とのことです。

東京都選定歴史的建造物に選ばれた地元の素晴らしい建築物を、

ぜひ、あなたの目で、体感してみてください。